本を買った瞬間に関心がなくなる

誰かが推薦して「おっ」と思ったけど、

買った瞬間に飽きて、二度と手に取らない本。

本棚に何十冊も眠っています。

 

選ぶ時点、買う時点と、読む時点で、関心度が違う。

買ってから読むまで何ヶ月も空くなら、尚更です。

 

ノンフィクションが好きな人が推薦したノンフィクションの本は

それは魅力的に見えます。

ただ、読むまでに何ヶ月も時間が経つと、紹介する文脈は忘れて、

自分の生活との関わりがどうかが問題になる。

 

「どうも読む気がしないな」なら、現在の自分と関連がないわけだし

そのまま放置すればいいと思います。

この先、何年か経てば、その本と自分の間に橋が架かって、

とても大事な本になっているかも知れません。